【ワシントン=青木伸行】米国防総省は11日、新型輸送機CV22オスプレイ計10機を在日米軍横田基地(東京都福生市など)に配備すると発表した。2017年後半に3機、21年までに7機を追加配備する。オスプレイの日本本土への配備はこれが初めてとなる。

  CV22は空軍特殊部隊用で、配備はリバランス(再均衡)戦略の一環。国防総省は(1)高度な航空機で、卓越した安全性がある(2)自然災害などを含め日本とアジア太平洋地域での危機、不測の事態への即応能力が向上する(3)米軍と自衛隊の相互運用性が高まる(4)日本防衛への米国の決意を反映する措置-などと指摘した。

 
当初は嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)への配備も検討された。だが、沖縄県には海兵隊仕様のMV22オスプレイ24機が普天間飛行場(宜野湾市)に常駐しており、地元への負担増を避けるため横田基地を選択した。
http://www.sankei.com/world/news/150512/wor1505120017-n1.html