20150523-00000023-reut-000-1-view

 [東京 23日 ロイター] - 日本と韓国は23日、経済や財政問題を議論する財務対話を2年半ぶりに再開した。アジア域内の経済情勢に加え、中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)についても意見交換。麻生太郎財務相は会合後、記者団に対し「2国間の協力推進で一致した」と述べた。

 日韓財務対話の開催は2012年11月以来。

 会合では、麻生財務相と、韓国の崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)企画財政相の間で、アジア域内の膨大なインフラ投資への対応が重要との認識を共有。麻生氏は、これらの需要に対応するため、今後5年間で1100億ドル(約13兆円)を投じる日本の構想を説明した。

 これに対し、崔企画財政相は対話の中で「お互いに協力関係を深めていきたい」と述べ、次回会合について、韓国で来年開催することに意欲を示した。AIIBについては「協力関係を深めるきっかけとなった」と語った。

 麻生財務相は会合後、記者団に「(財務対話では)従来からの(ガバナンス面での公正さを求める)日本の立場を説明した」と話した。金融危機の際にドルを相互供給する通貨スワップ協定の再開は議論しなかったとみられる。
http://jp.reuters.com/article/domesticJPNews/idJPKBN0O804D20150523


協力ではなく日本からの一方的支援だろ!
反日政策はそのままで金だけ欲しがる韓国
絶対反対!