292
中国本土の官製メディアはインド紙の報道を引用し、インド軍の高官が「中国は初の空母『遼寧』を12年に就航させて以降、4隻の空母を建造している。うち2隻は通常動力型、残る2隻は排水量9万トンの超大型原子力空母。米軍のニミッツ級に相当する」と述べたと報じた。22日付で香港メディア・東網が伝えた。

また、中国人民解放軍がインド洋での存在感を強め、補給基地の建造を続けていることを受け、中国海軍の空母兵力の急速な拡大に対応するため、インド政府は空母の建設を承認した。モディ首相の訪中前に3億ルピーが初期予算として計上されたという。
http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/418572/

日本もインドを見習って堂々と抑止力を高めろ!
特に核武装