MERS - コピー (2) - コピー

2015年6月16日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で中東呼吸器症候群(MERS)に感染した疑いがあるとして自宅隔離の対象となった日本人2人が、15日に日本に帰国していたことが分かった。

韓国の保健福祉部によると、日本人2人はウイルス検査では陰性だった。韓国政府は外国人も含め、自宅隔離の対象となった人には出国禁止措置を取っており、2人がなぜ日本へ出国できたのかは分かっていない。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「隔離対象と診断するだけでは何の意味もない。実際はまともに隔離できていないのに」
「今、日本の心配をしている場合か?」

「韓国政府は見ているか?これが韓流だ」
「MERSにはもうウンザリだし、韓国政府にはもっとウンザリ!」

「韓国政府の言う防疫や徹底した管理って?国民とは認識が違うのか?」
「MERSがとうとう国境を越えてしまったの?韓国はMERS拡散国?」

「日本人2人の帰国という選択は正しい」
「どんどん管理がおろそかになっていく…」
「帰国するのならMERSも一緒に連れて行ってほしかった。客を手ぶらで帰すのは失礼でしょ?」
http://www.recordchina.co.jp/a111629.html