2015年6月22日、中国・央広網によると、国交正常化50周年を迎えた日本と韓国が両国で記念式典を開催する中、ソウルの日本大使館前では韓国の民衆による反日デモが行われた。

報道によると、国交正常化50周年を記念して東京とソウルで行われた式典には、安倍晋三首相と朴槿恵(パク・クネ)大統領がそれぞれ出席。安倍首相は、「日韓の50年の友好の歴史を振り返り、これからの50年を見据えて新たな時代を築きたい。朴槿恵大統領と共に努力していきたい」と述べた。一方、朴大統領は「過去の歴史の重荷を降ろせるようにしていくことが重要。今年を両国の新たな協力、共存を目指す転換点にすべきだ」と述べた。

そうした中、ソウルの日本大使館前では、日本政府は第2次世界大戦についての謝罪と、慰安婦被害者等への補償を求めた抗議デモが行われた。
http://www.recordchina.co.jp/a112191.html