BRQvNI-CcAA8i3W

 「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録をめぐる日韓対立が解消したことで、登録を決める7月初旬の国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会で非難の応酬は回避されそうだ。

 両国はぎくしゃくした関係が続いてきたが、日韓基本条約調印50周年の22日に合わせ、改善ムードを出したい双方の思惑が一致した。

 日本は世界遺産委員会で韓国が反対した場合でも、採決による登録に必要な委員国(日本を含め21か国)の3分の2の賛成確保に全力を挙げていた。しかし、「全会一致の慣例を重視する委員国が審議の先送りに流れる恐れがある」と不安視する声が出ていた。


 これに対し、同じく委員国を務める韓国は尹炳世外相が12日に議長国ドイツ、13日には副議長国クロアチアを訪れるなど、登録阻止の動きを活発化させていた。ただ、韓国側にとっても、他の委員国の投票動向は不透明で、「採決の末に登録が決まれば、韓国の面目は丸つぶれで、尹外相の責任問題にも発展しかねない」(韓国筋)との焦りが強まっていたという。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150623-OYT1T50035.html