久米島2

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、26日午前10時過ぎ、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖の領海に中国海警局の公船2隻が相次いで侵入した。

 同20分現在、領海内を航行している。中国公船の領海侵入は今月17日以来。

 また、26日午前7時50分頃、同県・久米島の沖約115キロの排他的経済水域(EEZ)内で、中国の海洋調査船の船尾からワイヤのようなものが海中に伸びているのを、海上保安庁の巡視船が確認した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150626-OYT1T50069.html