民主党の岡田代表は、党の参議院議員総会で、自民党の勉強会で報道機関を批判する意見が相次いだ問題などに関連し、「自民党のおごりがあちこちに出てきた」と批判し、今後の国会審議で安倍政権の姿勢を追及していく考えを示しました。

自民党では若手議員らが開いた勉強会で報道機関を批判する意見が相次いだほか、勉強会での発言で厳重注意処分を受けた大西英男衆議院議員が先月30日、「誤った報道をするようなマスコミに対する広告は、自粛すべきだと個人的には思う」などと発言し、自民党は再び厳重注意処分としました。
これに関連して、民主党の岡田代表は党の参議院議員総会で、「自民党のおごりがあちこちに出てきた。谷垣幹事長が火消しに走ったが、そのあとも発言が続いたり処分への異論が出たりしていて、本当にどうしようもない」と批判しました。
そのうえで、岡田氏は、「われわれは国会の中でしっかり指摘していかなければならない」と述べ、今後の国会審議で、安倍政権の姿勢を追及していく考えを示しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150701/k10010134511000.html