キャプチャ

2015年7月12日、韓国・世界日報は、「世界の海洋大統領」と呼ばれる国際海事機関(IMO)の事務総長に韓国人が就任したことにより、「日本海」表記が「東海」に変わることを心配する声が日本国内に拡散しているとする日本メディアの報道を伝えた。

IMOは世界の海運・造船業の技術と安全規範を整備する国連の専門機関で、海運・造船分野の世界政府格組織であり、海の名称を決定する国際水路機関(IHO)と「兄弟機構」と呼ばれるほど関係が緊密だ。日本政府関係者は、「IMOがIHOに『日本海とだけ表記した地図では行き先が分からない』などの主張で圧力を行使してもおかしくない」と述べている。

先月30日、英ロンドンのIMO本部で開催された次期事務総長選挙で釜山港湾公社の林基沢(イム・ギテク)社長がデンマークなど他の5カ国の候補を破って当選した。任期は来年1月1日から4年で、1回の再任が可能。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「結果的には『東海』になるだろう。中国経済と関係が深い韓国を、米国が主導する同盟に引き入れるためには、日本が譲歩するしかない」
「必ず『東海』に変えてくれ」
「『東海』より『韓国海』にしろ」

「政府はIMO事務総長に韓国大統領府の警護チームをつけるべき」
「日本海はなくさねばならない」
「太平洋を米国海とできないように、東海を日本海とすることはできない」

「日本からすれば東の海は異常だ。むしろ韓国海の方が良い」
「政府が無能だから、『東海』は難しいだろう」

「韓国人が国際海事機関の事務総長になったからには、確実に『東海』を世界の地図に明記せねばならない。さもなければ、事務局長は逆賊だ」
「韓国人の事務総長選任は本当に快挙だ。これは、日本が『日本海』を諦めなければならないことを意味する」(翻訳・編集/三田)
http://www.recordchina.co.jp/a113885.html

トップになったら好き放題か?
ふざけるな!