img_0


 中国メディアの環球網は23日、韓国の聯合ニュースの報道として、中国は経済や国防の分野で大きな成長を遂げたと伝え、「すでに複数の分野で日中の地位は逆転した」と報じた。

 記事は、中国が経済成長を背景に、さまざまな分野で日本を越えようとしていると伝え、すでに日本を超えた分野として「兵力」および「軍事予算」を挙げた。さらに、2015年における中国人民解放軍の軍事予算は8869億元(約17兆9335億円)に達し、人民解放軍の兵士は230万人、武装警察は66万人に達したと伝えた。

  一方、自衛隊の現員は22万人ほどにとどまり、人員の数としては人民解放軍の10分の1にとどまることを紹介した。また、15年度における日本の防衛費は約4兆9800億円規模になる見通しで、装備のハイテク化も進めているとしながらも、「装備のハイテク化においては中国も積極的に行っている」と指摘した。

  また、軍事関係の情報誌である「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」の予測を引用し、中国の海軍力は15年にはじめて日本を超える見通しだと紹介。中国海軍の兵力は日本の5倍の規模に達し、保有する軍艦の数については日本の8倍以上に達する見込みと伝えた。(編集担当:村山健二)
http://news.searchina.net/id/1582728?page=1

001ec94a25c513f001ac02
http://japanese.china.org.cn/test/txt/2013-11/15/content_30611993_2.htm


BufRLTnCcAEJHfF

最低でも2倍に!
そして核武装を急げ!