201505112359320000w

 【モスクワ=緒方賢一】ロシア紙コメルサントは31日、ロシアがフランスと結んだ強襲揚陸艦の売買契約の破棄を巡り、両国政府が合意に達したと伝えた。ロシアが前払いした代金や、揚陸艦を係留するのに必要な岸壁の改修費用などを合わせた約12億ユーロ(約1620億円)を、フランスが支払うのが条件という。

 フランスは2011年、2隻の揚陸艦の建造をロシアから約12億ユーロで受注し、1隻目は14年秋に引き渡す予定だった。だが、ウクライナ情勢を巡りロシアの軍事的な脅威が高まる中、フランスはロシアに揚陸艦を引き渡すのは適切でないと判断し、今春以降、両国政府が契約破棄の条件について協議していた。

 プーチン露大統領とオランド仏大統領が8月上旬、契約破棄について正式発表する予定という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150731-00050141-yom-int

その強襲揚陸艦をどうする?
中国に売却されたら日本や東南アジア諸国にとって最低最悪!

          ↓  ↓  ↓

フランス、ロシアへの引き渡し困難となったミストラル級強襲揚陸艦の売却で中国と交渉