キjチャ

キ415ャ

自民党の稲田政調会長は、14日に発表される戦後70年談話について、侵略やおわびといった言葉は不要との見解を示した。
稲田氏は「侵略という言葉が入っているかどうかということに、私はこだわる必要はないと思います。未来永劫(えいごう)、謝罪を続けるというのは、違うと思います」と述べた。
稲田政調会長は、11日夜のBSフジ「PRIME NEWS」に出演し、「日本は、先の大戦への痛切な反省に基づき、一度も戦争することなく、世界平和に貢献してきた」と述べるとともに、14日に安倍首相が発表する、戦後70年談話について、「侵略」や「おわび」といった言葉は、不要との見解を示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150812-00000928-fnn-pol

反日勢力以外は誰も「侵略」や「おわび」を望んでいない。