キャプ

2015年8月14日、ロイター通信によると、米国は、安倍晋三首相が14日に発表した戦後70年談話を歓迎するとの声明を発表した。

安倍首相は14日、戦後70年談話で、歴代内閣が表明した痛切な反省とお詫びの姿勢を受け継ぐと述べ、日本の行為がもたらした被害に対する痛惜の念を示した。米国家安全保障会議(NSC)のプライス報道官は14日、声明を発表し、安倍首相の戦後70年談話を歓迎すると述べた。また、「戦後70年間、日本は平和と民主主義、法の支配を守ることに貢献してきたとことは『すべての国の模範』である」と述べ、日本が今後も国際社会の平和と繁栄のために貢献していく決意を表明したことを評価すると表明した。(翻訳・編集/蘆田)
http://www.recordchina.co.jp/a116643.html