キャプチャ1

キャプチャ2

キャプチャ3

sty1508160014-p3 - コピー

 太平洋戦争開戦の地となったハワイの真珠湾で、日米の戦没者を悼む日本の花火が初めて打ち上げられました。

 日本時間15日午後、真珠湾に咲いた大輪は、新潟県長岡市の花火「白菊」。終戦間際に空襲を受けた長岡市で、毎年慰霊のため打ち上げられている花火です。

 長岡市は、真珠湾攻撃があったハワイ・ホノルル市と姉妹都市で、戦後70年の節目に戦没者を追悼しようと打ち上げが実現しました。

 「『白菊』という花火を、長岡でもホノルルでも打ち上げることで、平和の花火を懸け橋に両市がつながった気がした」(長岡市訪問団の中学生)

 16日は、将来の友好を担う子どもたちのためにと、2000発の「長岡花火」が真珠湾を彩ります。(16日06:49)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150815-00000037-jnn-int

長岡市(当時、古志郡長岡本町)は、山本五十六連合艦隊司令長官の出身地
800px-Isoroku_Yamamoto

感慨深い