キャプチャ1

キャプチjャ

「出席すべきでなかった」と批判した。
中国の抗日戦争勝利記念式典に、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長と、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が出席したことについて、自民党の稲田政調会長は、6日のフジテレビ「新報道2001」で、「出席すべきでなかった」と批判した。
稲田氏は、「習近平氏の、習近平氏による、習近平氏のためのパレードだ」と指摘したうえで、「こういうパレードに参加することは、国連の事務総長としてあり得ない。国際的職員としての中立な立場を守るべきで、国連憲章に違反した行動だ」と批判した。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150906-00000230-fnn-pol

中立ではいられない朝鮮人。