Tsai_Ing-Wen_Cropped

台湾で政権の奪還を目指して来年の総統選挙に立候補する最大野党、民進党の蔡英文主席が、来月上旬に日本を訪問することになり、国会議員と会談するなどして存在感をアピールするねらいがあるとみられます。
台湾では馬英九総統の任期満了に伴い、来年1月に総統選挙が行われます。
選挙に向けて、与党の国民党は議会の副議長を務める洪秀柱氏が、一方、最大野党の民進党は党首の蔡英文主席が、それぞれ立候補を予定しており、さらに親民党の党首、宋楚瑜主席も立候補を表明しています。
このうち民進党は22日、蔡主席が来月6日から4日間の日程で日本を訪問し、東京で国会議員との会談を計画しているほか、山口県を訪れて地域経済の状況などの視察を行うと発表しました。
蔡主席は、台北市内で22日行った演説で「アメリカや日本などとのパートナーシップの強化を重視している」と述べるなど、日本との友好関係を一層強める姿勢を示しています。
8年ぶりの政権奪還を目指す民進党の蔡主席は、台湾のメディアなどによる世論調査では、今のところ優勢が伝えられています。蔡主席としては、総統選を前に日本を訪問することで、みずからの存在感をアピールするねらいがあるとみられます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150922/k10010244561000.html

今より良いかな!?