キャプチャ

 アメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐり、沖縄県の翁長知事は、前知事が行った名護市辺野古の海の埋め立て承認を取り消したと発表した。

 「本日、普天間飛行場代替施設建設事業にかかる公有水面埋め立て承認を取り消しました」翁長知事は13日午前10時から県庁で会見を開いており、辺野古の埋め立て承認を13日付で取り消したことを明らかにした。

 辺野古の埋め立ては仲井真前知事が認めたものだが、翁長知事は「前知事による承認には環境保全などの面で法的な欠陥があった」と結論づけた有識者による第三者委員会の答申に基づき、取り消しに踏み切った。

 これにより、国は工事を進めるための法的な根拠を失うことになるが、国交相への不服審査請求などで対抗する見通しで、今後、沖縄県との間で法的な争いが本格化する。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20151013-00000015-nnn-soci

今度の『孔子平和賞』の最有力候補