キャ5プチャ

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は16日、オバマ大統領と首脳会談を行い、北朝鮮の核開発問題に関し、連携の強化を確認する共同声明を発表した。
オバマ大統領は「本日、わたしと朴槿恵大統領は、北朝鮮を核保有国と認めないと、再確認した。われわれは、北朝鮮が非核化を平和的かつ完全に検証可能な形で行わなければならないと主張し続ける」と述べた。
オバマ大統領は、会談後の会見で、イランやキューバを例に、「過去に問題があった国でも、関係改善の余地はある」と述べながらも、「核の放棄が前提だ」と、北朝鮮をけん制した。
また両首脳は、北朝鮮問題に「最高度の緊急性と確固たる意志で対処する」との共同声明を採択し、11月初めの日中韓首脳会談が、「連携を前進させるさらなる一歩で、それぞれ2国間の関係改善にも寄与する」との認識で一致した。
さらに朴大統領は、中国の戦勝パレード参加で、「中国寄り」との疑念が出ていることについて、「北朝鮮の核が地域の発展を妨げるとのメッセージのためだった」と釈明した。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151017-00000913-fnn-int

本当は反日のため