キャプチャ5

キャプチャ0

キャプチャ1

キャプチ12ャ

 安倍首相は17日、防衛省で開かれた自衛隊の殉職隊員追悼式に出席し、「国民の命と平和な暮らしを守る」などと、追悼の辞を述べた。

 安倍首相「いかなる事態にあっても、国民の命と平和な暮らしは断固として守り抜いていく。そして世界の平和と安定に寄与するため全力を尽くすことをここに固くお誓いいたします」

 追悼式には中谷防衛相や殉職者の遺族らが参列した。訓練や勤務中の事故などで亡くなり、去年9月からの1年間で殉職と認定された自衛隊員は27人。1950年に自衛隊の前身である警察予備隊が発足して以降、殉職者は、あわせて1878人となっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20151017-00000010-nnn-pol

多くの方々の尊い犠牲の上に成り立っている今の日本

感謝!