5456チャ

 陸上自衛隊が17日、群馬県の相馬原演習場で訓練を行い、外国でテロなどが起きた際、現地の日本人を空港まで送り届ける新たな輸送防護車を公開した。

 輸送防護車は10人乗りで、これまでの輸送車よりも装甲が厚くなっている。車体の底の部分がV字型になっており、地雷などの爆発の衝撃を受け流し、民間人の輸送を安全に行えるという。

 2013年にアルジェリアで起きた日本人人質事件を受け、防衛省はこの輸送防護車を既に4両購入しており、来年度はさらに4両購入する計画。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20151217-00000052-nnn-pol

機関銃が・・・